FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIZIN13 堀口vs天心 予想

堀口VS天心

さて、遂に実現したこのカード。個人的には天心をRIZINで初めて見た時から「堀口と打撃でやり合ったらどっちが強いかな?」と思っていたので、その答えがついに出ることになります。色々な要素から予想していこうと思います。

メンタル面(心)

いきなりメンタルかよ、と思われるかもしれませんが、会見でも堀口の元気の無さが気になったんですよね。空手の師匠を亡くしたばかりで総合の師匠、kidも癌と闘病中であることを告白。そんな中での新しいルール、年下の対戦相手。
対する天心は朝倉カンナとの交際も発覚し、実績としては格上の堀口を自らの土俵キックボクシングルールで倒すチャンスを与えられました。世間では天心有利との声が強くプレッシャーも懸念されますが、個人的には負けるプレッシャーよりチャレンジ精神の方が強そうだな、と感じます。

堀口-1、天心±0

テクニック(技)

結論から言ってコレは圧倒的に天心に分があると思われます。グローブの違いや距離の違いなどもありますし、堀口はいつも通り総合の練習をしながら立ち技のウェイトを増やす的な発言もあり、キック最強と言われる天心にそれで対応出来るのか疑問です。

しかし、ですね。かつてK-1にも総合の選手が多数参戦してきましたが、K-1ファンという目線から見てかなりの脅威に感じたんですよね。要は、キックボクシングの技術体系とは別の動きをするのでキックボクサー側から見ても相当やりづらそうに見えたのです。それは天心であってもVS中村優作で露見してたように思います。よって

堀口-2、天心+1(+2-1)


フィジカル(体)

そして何より総合の選手が脅威に映った最大の理由がフィジカル、体幹の強さにあります。一発のパワーとかではなく、体幹の強さ。しかし天心もフィジカルはズバ抜けてそうなので、そこまで圧倒的な差はなさそう。加えて総合出身のキックルールをちょっとググると印象より負け越してたりします。ゲーリー・グッドリッジやハリトーノフ、山本kidなども意外と負け越してます。ただ、アリスターとシュルトは驚異的に勝ち越してます。この2人も技術というよりはフィジカルによる優位がデカかったように思います。kidはスピード・パワーは凄くても小さかったですしね。

堀口+2、天心±0

実績及び印象

正直言いますと、僕はRIZINでの天心しか知らず、例えばスアキムやロッタンなどについてもどれほどの選手なのかよく分かりません。かつてK-1勢はオランダを中心としてフランスなどヨーロッパ勢が最も多く、ムエタイ選手は正直ガオグライ・ゲーンノラシンくらいしか記憶にありません。K-1選手の大勢はヨーロッパのグローリーに移籍したこともあり、キックの世界の中心はやはりそちらでしょう。いくら無敗とはいえ、天心の実績に対し、僕は若干懐疑的であります。

対する堀口は問答無用MMA世界一のUFCで3位、あのまま残っていればスグ1位にはなれたでしょう。ただ、堀口のいたフライ級は不人気階級でもあり、そこまで人材が充実していたのかは疑問です。しかし間違いなく世界一に片足を突っ込んでいた堀口が実績では圧倒的に上だと思います。総合での勝負なら、何の問題もなく堀口が勝つでしょう。ではキックルールではどうなのか。

やってみなけりゃ分かんねえよマジで。

堀口+3、天心+1

結果は

ということで両者+2のドローになりました(笑)。本当に予想が難しいと思います。もし堀口が万全のモチベーションと準備が出来たなら僕は堀口にベットします。ですが、今回ちょっとタイミングが悪い。勢いで天心が押し切るイメージも出来ますし、やはり堀口が貫録を見せるイメージも出来ます。

希望を言うならお互いダウンを奪い合う攻防の末、堀口が勝つところが見たいです。天心には「総合の選手ってやっぱり強いな」と感じてもらって、本格的な転向をしてくれるとRIZINが盛り上がりそう。キックを盛り上げるのであれば、かつてのDREAMのようにグローリーと提携するのが一番いいと思います。新生K-1は大雅のように離脱した人間以外完全にスルーすべき。いつまでもグダグダ争っても盛り下がるだけです。

試合展開は

素人ながら試合内容を考察しますと、お互い相手のパターンを見極めてカウンターを取るタイプに見えます。格下相手なら強引にKOも出来るでしょうが、最初はかなり慎重に距離の取り合いをしそう。その際鍵を握りそうなのが蹴り技。となると天心が圧倒的に有利そうですが、堀口のステップインミドルも超高速&強烈なんですよね。RIZINではほとんど見せてませんが、キックルールではアレがかなり有効に使えそう。堀口はUFC参戦初期のように素早い出入りを繰り返し一発を狙うスタイル、天心はローやミドルで堀口の足を止めつつカウンターを狙う展開になるのでは。そうなると中村優作戦で結構被弾していた天心が、堀口の打撃では耐え切れずダウンしそうな気がします。

ということで、中盤での堀口KO、もしくはダウン奪うも判定にもつれこみ堀口の勝利予想ということで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang 最近全然映画を観なくなったしがないブルーカラー。

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
デカイ数字が自分の評価、客観指数は複数サイトの平均値になってます。 映画の考察・メモやどうでもいいことを置いとく場所です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。