FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11ミニッツ(2015年/ポーランド・アイルランド/81分)

ilebunn.jpg
監督・脚本 イエジー・スコリモフスキ
音楽 パベウ・ミキェティン
出演 リチャード・ドーマー ボイチェフ・メツファルドフスキ パウリナ・ハプコ 他


★★★☆☆/3.65
客観指数 ★★★☆☆/2.70
(amazon-2.3/5、IMDb-5.8/10、ROTTEN TOMATOES-5.6/10、TSUTAYA DISCAS-2.71/5、YAHOO映画-2.81/5)
属性 群像劇 異質


「アンナと過ごした4日間」「エッセンシャル・キリング」「ザ・シャウト さまよえる幻響」などで知られ、カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界3大映画祭で受賞歴のあるポーランドの鬼才イエジー・スコリモフスキ監督が、大都会に暮らす人々の午後5時から午後5時11分までの11分間に起こる様々なドラマをモザイク状に構成した群像劇。(映画.COMより)

勇気あるギャグ映画

※以下ネタバレにつながる記述アリ

シナリオ作りにおいて、ぶっ壊すために構築するのって勇気がいると思うんです。例えばあるシーンで車に轢かれることが決まってる子供に、いかなる将来性や才能、日常に家族、半生といったディティールを付け加える気になるか、ということです。
この映画、完全に最初からぶっ壊すつもりで構築してる気がするんですよね。それをスゲーと捉えるか、台無しじゃん、と捉えるか。

僕は完全に前者でした。いや、この最高にくだらないオチに対し、多大な労力とセンスをもって群像劇を積み上げるという。
この監督78歳らしいのですが、『マッド・マックス』のジョージ・ミラー監督ばりの老獪な狂気を感じます(笑)。

まん〇画太郎の階段オチ

本作は十数人の午後5時からの11分間を描いてます。しかし各キャラ、それ以前の時間の流れも感じさせる描写がされており、想像を掻き立てられます(正解は提示されない)。何より意味深な伏線が多数ちりばめられており、低空飛行の旅客機や、部屋の鏡へのバード・ストライク、モニターに映る黒点、各人物が目撃した黒点と同様の何か、自殺を喚起する謎の老人…(他にも逆再生的にのぼるシミとかあるらしいが見逃す)。

オチを見た後、コレら伏線の意味について考察する人は少ないでしょう。いわば、サラダを丁寧に綺麗に盛り付けてドレッシングをかけたところで皿をドーン‼みたいなことなので、サラダの中身に意味は無い。無いかもしれないけど無いとも言えないだろう、そんな感じ。

個人的には、まん〇画太郎の階段オチを思い出してました。いかなるストーリー展開がなされていても、突如ボロアパートの階段が出現し、その階段を滑り落ちる登場人物、トラックに轢かれトラックは爆発します。本当どんな展開でも関係ないんですよ。天丼(同じことを2~3回繰り返す笑いの手法)を遥かに越えるマンネリを自覚的かつ暴力的に活用するという発明だと僕は思ってますが、本作はコレに近い暴力的なオチでした(笑)。ソレをB級ではなくハイセンスに仕上げてることが凄いなと。

総じて、計算され尽くしたカタルシスを求める人には向かないでしょうが、多少乱暴な、まん〇画太郎のようなセンスを受け入れられる人にはオススメできそうです。



スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。