FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嬢さん(2016年/韓国/146分)

ojou.jpg
監督 パク・チャヌク  
脚本 チョン・ソギョン パク・チャヌク
原作 サラ・ウォーターズ
音楽 チョ・ヨンウク
出演 キム・ミニ キム・テリ ハ・ジョンウ 他


★★★☆☆/3.8
客観指数 ★★★☆☆/3.80
(amazon-3.8/5、IMDb-8.1/10、ROTTEN TOMATOES-8.3/10、TSUTAYA DISCAS-3.26/5、YAHOO映画-3.78/5)
属性 パク・チャヌク 官能 エロ 変態 韓国


「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督が、イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案に、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いたサスペンスドラマ。秀子役を「泣く男」のキム・ミニが務め、スッキ役は無名の新人女優キム・テリをオーディションで抜擢。伯爵役は「チェイサー」のハ・ジョンウ、秀子の叔父・上月役は「最後まで行く」のチョ・ジヌンがそれぞれ演じた。(映画.COMより)

エロ目線で見るお嬢さん

さて、パク・チャヌク×日本×変態というこの映画。とりあえずエロ目線で語りたいと思います。
三部構成になっていますが、一部は盗賊の娘スッキが資産家のお嬢さんを狙う詐欺師の仕込みとしてお手伝いさんとして屋敷に潜入するところから始まります。

oj1.jpg

彼女の盗賊一味は捨て子を日本に売るという副業をしており、「お世話」は慣れた様子のスッキ。しかし箱入り娘で孤独なお嬢さんの世話をする内に妙な気分になっていく。

oj2.jpg
「ひっかかる」という奥歯を削ってあげるシーン。

この「世話することで生まれる何か」は母性なんでしょうかね。しかし世話相手がむしろ憧れとも言えるお嬢さんであることで何か倒錯しています。これを女性同士でやってるのがイイですね。「世話される側」が独立した女性ではまた成立しないんでしょうが、抑圧された箱入り娘というのがまたミソな訳です。

oj3.jpg

そして詐欺師扮する伯爵がお嬢さんの財産目当てで接近していく訳ですが、スッキは嫉妬に狂っていきます。そんな中、お嬢さんに「キスの仕方が分からないから教えて」と頼まれ…。

oj4.jpg

イギリスの小説が原作らしいですが、イベント・設定全てがほぼほぼエロに割り振られているなと感じる一部。しかしお嬢さんはバストトップを晒しまくってるにも関わらずこの最初のレズシーンでスッキはシルエットのみ。エロ目線で言えばココが最もエロい山場でしたので、スッキのヌードを繰り越した(後であっさりポロる)のは惜しいポイントでしたね。
しかし映画でのエロシーンの難しいところは、最後まで客の興味を引っ張らなきゃいけないところですので、最初に全てを晒すことを躊躇するのは理解出来ます。しかし二部はそれどころじゃないしなあ…。

変態×日本

舞台は日本統治下の朝鮮。お嬢さんの叔父は日本人に帰化した韓国人。その屋敷は和洋韓?様々な要素が入り乱れている。そして古書ともいえるような官能書籍を収集し、同志を集めてお嬢さんや妻(自殺した)に朗読させる朗読会を開くという正真正銘の変態です。
その中には葛飾北斎(P.N.鉄棒ぬらぬら)による春画があったりと、かなりマニアック。

oj5.jpg

何が言いたいのか分からなくなってきましたが、「エロ」のみを売りにした映画を2時間観るのはキツイ。絶対早送りします(笑)。それを回避するためか「えっ?」という要素やビジュアルをぶっこんで作られたのが本作だと思います。
マイナス要素をあげるならば、2時間オーバーしてるとこ、韓国人による日本語が聞き取りづらいところ、スッキの乳の出しどころ、ですかね。にしてもかなり面白かったです。




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : パク・チャヌク監督 韓国映画 エロ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。