FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC201(ローラーVSウッドリー)、日本人など

ufc-201.png

UFC201の感想を。

メインにロビー・ローラー対タイロン・ウッドリーのウェルター級タイトルマッチ。セミにカロリーナ・コバルケビッチ対ローズ・ナマユナスの女子ストロー級マッチなどがありました。

ローラーVSウッドリー

VSローリー・マクドナルド、VSカーロス・コンディットと立て続けに名勝負を展開してきたウェルター級チャンピオン、ロビー・ローラー。どちらも5Rの激闘でして、ローラーに関しては正直もっと休んでほしいという印象。それでも今回は一応怪我による延期を経ての対戦でした。
対するウッドリーはずっとランク1位にいながらもタイトル挑戦を先送りにされてきた選手であります。一発もあるレスラーということで、ジョニヘン同様つまらない試合は本当に面白くありません。果たしてこの2人は噛み合うのか。

結果は1R中盤にウッドリーのタックルフェイントからの右フックでローラーKO負け。ウッドリーがウェルター級新チャンピオンに。

結構ローラーにしてはキレイに、アッサリやられちゃったなという感想です。でも、コレで王者の義務から解放されたところでの休養、そこからの熱いカードがまた楽しみであります。
次に控えてるのは間違いなくワンダーボーイ、スティーブン・トンプソンでしょう。レスリング対キックボクシングになるんでしょうか。同じ構図ながら、それほどリーチ差は無さそうなのでジョニヘン戦のようにはならないでしょう。ちょっと想像つきませんね。

川尻達也VSカブ・スワンソン

ここからは最近の日本人の試合を。

前回フェザー級8位のデニス・バミューデスに判定負けした川尻選手ですが、今回はなんと5位のカブ・スワンソン。
正直なところ、前回の川尻選手の試合はかなり「打撃から逃げてのタックル」が多すぎる印象でした。それがよりハード・パンチャーのカブ・スワンソンとのことでヤバイんじゃないかと思ってましたが、全く逃げの姿勢を見せず打ち合い、勝利まであと一歩のところで判定負けでした(この判定の酷さは後述)。

一体どれだけ練習してきたんでしょう。この年齢で進化してると素人目に分かるのが凄いですね。前回「もう引退して解説に転身した方がいいのではないか」と感じましたが、まだ見たいですね。5位と五分の試合ができるのですから。

しかし判定は3-0(30-27、30-27、29-28)。中井りんの時にも感じましたが、打撃で全く差がないか優勢くらいでテイクダウン奪ったラウンドをどうしたら相手につけられるのか。ジャッジ5人にして数字的に両端の2人をナシにして判定、とか、何かジャッジ・システムにも変化が欲しいところです。昔のK-1の日本人びいきも酷かったですが、不相応な判定って負けた側はもちろん、勝った側にとってもイイことではないですよね。客の反応含めてオープン・スコアリングに出来たら面白いかなとも感じます。

夜叉坊VSグティエレス

夜叉坊UFC2戦目はカーロス・コンディットみたいな見た目のグティエレス。
結果はカウンターの左で夜叉坊1RKO勝ち。

なんだかんだで才能溢れる男なんでしょうね。どうしても野球好きからすると140km/h左腕のインパクトが強いのですが、そういえば野手からは元ベイスターズのスラッガー古木が格闘技転向したことがありましたが、活躍した投手から、ってのはないですよね(清原関連のアイツは除外)。ボールのスピードとパンチ力には関連があるのか?夜叉坊を見てるとソレがスゲー気になります(笑)。
ダルビッシュとか、投手から野手に転向した糸井とか、ちょっとピッチャーから格闘技転向してくんないですかね。

まあ、勿論今回の勝ち方はパンチ力云々というよりは目の良さとかタイミングの取り方とかなのでしょうが、今後どこまで登れるのか夜叉坊に期待してます。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。