FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ウィック(2014年/アメリカ/103分)

jonw.jpg
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
音楽 タイラー・ベイツ ジョエル・J・リチャード
出演 キアヌ・リーブス ミカエル・ニクビスト アルフィー・アレン 他


ベースメント指数 ★★★☆☆/3.49
客観指数 ★★★☆☆/3.49
(amazon-3.6/5、IMDb-7.2/10、ROTTEN TOMATOES-6.9/10、TSUTAYA DISCAS-3.23/5、YAHOO映画-3.59/5)
属性 アクション 復讐 イケメン
<評価としては凡庸>


「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。「マトリックス」ほか数々の大作映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキが初メガホンをとり、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を中心とした独自のアクション世界を展開する。(映画.COMより)

逆セガール映画

何て言うんでしょうね、この「チンピラが軽い気持ちで絡んだ相手がヤバイ奴でした」という映画。北村龍平監督の『ノーワン・リブズ』もそんな感じでして、「殺人鬼なのに男前」みたいな部分でも本作と近いです。が、『ジョン・ウィック』は正にハリウッド映画、『ノーワン・リブズ』はどちらかと言うとB級感溢れるテイストになってます。

で、僕は『ノーワン・リブズ』を「逆セガール映画」と呼んだのですが、僕の中でこの手の映画はそう呼ぶことにします(笑)。何が逆かはさておき、カタルシスの種類がセガール映画と完全一致してる気がするんです。それは端的に言って

「悪人に対する暴力的天誅」

ですね。悪人が弱者を搾取、もしくは凌辱してやろうとしてる相手が実は弱者の皮を被った狼であるという。「悪人ざまあみろ」映画な訳です。だから「セガールが無敵すぎる」というのは、「いかに悪人が無様に、そして惨めに天誅を受けるか」という意味では合理的なのです。しかしまあ、強さの構図や殺しの順番を間違えると「何か違う」感じになってしまいます。『ノーワン・リブズ』は殺す順番がちょっと違うかな、と感じました。

jw4.jpg

ガンフー

で、本作ですが、正直キアヌはもっと最強で良かったと思います。なにせキアヌには『マトリックス』の影が付きまといますので、中途半端なアクションは逆効果になりかねません。しかも今回は「悪人天誅映画」ですので、尚更です。そこで「ガン・フー」というカンフー×ガン・アクションというスタイルが取られた訳ですが、ところどころにMMA(総合格闘技)がミックスされてます(笑)。
いや、ハンドガンをスタイリッシュに撃ちまくる、その動きにカンフーを織り交ぜるというのは凄く格好良かったです。ドタマにパンパンパンと3発くらいトドメを差すのも爽快感があります。しかし、伝説の殺し屋が女相手に関節技極められかけたり…という場面はどうも見たくなかったです。勿論その辺は「既に引退していた」、「怪我していた」などのエクスキューズがあるものの、殺すか殺されるかでそんな流暢なことは言えないし。

jw2.jpg
MMAではお馴染みアームバーをかけられるジョン・ウィック。

個人的には引退後なまった状態で少しやられてしまうが、「こりゃアカン」と一念発起してトレーニングとかして当時のアンタッチャブルな状態に戻った上で中枢に突撃した方が良かった気がします。だって、ロシアン・マフィアが戦力総動員して襲ってくる訳ですよ。「いやあ、ちょっとなまっててやられちゃったわ」じゃ済まない訳です。「鉛筆でマフィアを殺した」みたいなエピソードもありましたが、その辺の「小物でエグイ殺し」みたいなのも欲しかったです。『レオン』なんかでは「音の出ないナイフでの殺しが最も高等技術」みたいな話をしてましたが、銃を持たないキアヌは結構凡人に見えたのが残念でした。

大体のあらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックは女のために足を洗うことを決意。マフィアは不可能と思える仕事を条件にふっかけるが、それをクリアしたウィックはカタギの生活に。そんな妻はしかし病死し、しばらくして生前妻がウィックのために購入していた犬が届く。犬と慎ましく暮らすウィックだったが、ウィックの車目当てにチンピラが家に侵入し…。

jw.jpg

良かったのは、テンポ重視で作られていたこと。ダレるような場面はなかったです。全体的に好きな部類なのは間違いないですが、もうひとつパンチが足りないかな、といった印象。期待値との差ですかね。続編決定とのことで、そちらでは更に進化したガン・フー及びジョン・ウィックが見たいところ。個人的にはもっとかっこつけていいと思います。音楽にしろ映像にしろファッションにしろ。ブチギレキアヌが見たいですね(本作では怒りは抑え気味)。

2a46db3a-e177-488e-8d6c-a3fceb8e1a18-644x1024-0_q100.jpg
髪の長さはこの位の方が格好イイかも(何の写真かよく分からないが)




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : アクション キアヌ・リーブス ガンフー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。