FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラドクス(2014年/メキシコ/101分)

pxposter2.jpg
監督・脚本 イサーク・エスバン
出演 ウンベルト・ブスト エルナン・メンドーサ ラウル・メンデス 他


ベースメント指数 ★★☆☆☆/2.64
客観指数 ★★☆☆☆/2.96
(amazon-2.5/5、IMDb-6.7/10、ROTTEN TOMATOES-6.0/10、TSUTAYA DISCAS-2.65/5、YAHOO映画-3.32/5)
属性 タイム・ループ SF
<平均値は高くないが、高評価する声もそこそこある>


無限に繰り返される空間に閉じ込められた人々を待ち受ける予測不能な運命を描き、世界各地の映画祭で注目を集めたメキシコ製スリラー。出演は「アモーレス・ペロス」のウンベルト・ブスト、「父の秘密」のエルナン・メンドーサ。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち 2016」上映作品。(映画.COMより)

何だこの映画!!

最近映画のチョイスが守りに入り、しかも大体WOWOWという僕なのですがDISCUSにてB級っぽい本作をレンタル。「タイム・ループ」モノなのですが、タイム・ループにはいくつか良さと悪さがあります。

良さ→ループによる細かい伏線がラストに向けて「コレはあの時のアレか」みたいに明かされる面白さ
ループというキャッチーな非日常感

悪さ→大抵真っ当なオチは用意されていない。
ループしてるからと同じ出来事を繰り返し描くと単調な映画になる。

ということで、ループにどう変化を持たせるか、そしてそのオチをどこに持ってくるか、いかに伏線を回収するか、みたいな部分が肝になってきます。タイムループものはいくつか観ましたが、僕の中でのベストは
『ひぐらしのなく頃に』ですね。アニメの方です。近々我がホームタウンのNGT48による実写化が決定してるそうですが…まあ、映画よりはドラマでじっくりやった方がイイとは思います。ただまあアイドル映画としてはどうなんだろう。う~ん。

映画では、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が分かり易くて割と好きです。『デジャブ』も一応ループかな。次に考える楽しさもある『トライアングル』、最後に2人の自分がお互いの夢を見てるような『ANOTHER』。この辺は面白い方のタイムループだと思います。じゃあ、本作はどうなのか。

「求心力のない難解映画」。

一言で言えばそんな感じです。映像的なセンスは感じるので序盤は期待してました。しかし違う映画かと思う位、ジャケットの場面は現れず。コレはB級ゆえにスルーしますが。しかし中盤から思わず「何だこの映画!!」と声が出てしまいます(笑)。そして最後まで観終わって、ところどころ寝たせいもあるかもしれませんが全く意味が分からない。
端的に言って「単調な場面も多く、伏線と回収という楽しさはないし、オチに関してはほとんど理解出来ない」という映画でした。
しかし僕は難解映画は大抵自分なりに落としどころを見つけなきゃ気持ち悪いという性をもっていまして、リンチ映画も散々考察したものです(『インランド・エンパイア』でさえも!)。

pa.jpg

と、いうことで検索しても解説は探し出せず自分で考えるしかないのでした。以下ネタバレ解説及び考察。

考察してみよう!(リアルタイム)

まあこの手の映画はオープニング・シークエンスが結構肝だったりするんです。本作でのキーとなるのは明らかにエスカレーターで倒れてるババアですね。コイツは3回くらい登場します。まずオープニング、そして中盤ハムスターを握っている、で、ラスト。しかし実はもう1場面登場しています。ソレがダニエルの箱の中の写真。しかし本編では全く絡みがありません。だからこそコイツがダニエルやロベルトの言う「現実」である可能性があります。あとは赤い手帳気になります。(どのジジイも死ぬとコレを落とす)

次に時代。ダニエルの世界は1980年です。が、非常階段の世界は2015年くらい(35年後が2050年くらいだった)。つまりは35年というのがループの尺な訳です。35年毎に1人を残して皆死に、残りの1人が別人となり次のループへと移行する。次のループでは前回からの1人が最後に種明かしをして死ぬというルールのようです。ですが、どこでその辺のからくりを知るんだろうコイツ。

そして謎の爆発。ループの初期にみな爆発を経験します。あとは、「何者かに突き動かされてるように行動してしまう」というのも謎ですね。次のループに移行した瞬間全てを忘れるのも謎。しかも次にどんなループが起こるか、ジジイ達は知ってもいた。謎です。

paa.jpg

では、ダニエルに絞って整理します。
1980年、少年期→ドライブ中にループへ突入。
35年後、2015年、青年期→皆死に、発見したパトカーに乗った瞬間刑事になり切る。
→例の兄弟の元へ行き、非常階段にて2回目のループへ突入。
35年後、2050年、壮年期→何かを思い出し、青年に語る(「エレベーターには乗るな」)。その後死去。

エレベーターに乗った青年はホテルのベルボーイに。新婚の2人と共に廊下にて次のループに突入する。
35年後→? (恐らく青年はジジイに。生き残るのは花嫁で、最終的にオープニングのババアになる?)

とにかくオープニングはババアで始まり、次に新婚夫婦。この2組は関連があるのでしょう。

次にダニエルの義父ロベルト。コイツは死ぬ間際、自分はルーベンだと言っています。1949年から35年イカダの上でループしたと。その時死んでいった指導員は列車の中で35年ループしたのだそうです。ルーベンは、赤いバンを見つけ、ロベルトになった。

最後の告白でジジイはこう言ってます。
「私はずっと生きてきた。70年間、別の人生を想像しながら。2つの、出来事に、閉じ込められて(35年×2、という意味)」
「だが無駄じゃなかった。現実じゃない。私も君も本物じゃない。我々の存在は別のものなんだ。」
「現実の我々はどこか別の場所に存在している。」「我々が無間地獄で苦しむ中、幸せに暮らしてる」「我々はここで幸せとエネルギーを生むため肉体と感情を酷使する。本物の自分達のために」「現実世界のための偽りの装置、それが我々だ」
感情のエネルギーを生むため、一人が犠牲になり、ループ(出来事/爆発?)が起こるそうです。そして後悔するから次のループには行くなと。「そうすれば、やつらは…」(赤い手帳を落とす)

ちなみに今、パソコンにDVDを入れて気になるところを再生しつつコレを書いてる訳ですが、赤い手帳の中身は、どうやら「次に自分がすべき行動」の指示ですね。刑事であれば「ピストルで足を撃つ」ということが書かれています。
そして寝かけてたラスト・シークエンスですが、どうやらロベルトと刑事(ダニエル?)の2人は破滅の末に自殺、弟は幸せに暮らすというのが現実のよう。そしてババアは、やはり花嫁のようです。

ん~。テーマとしては「若い時はいいが、年を取ると過去に囚われてしまう」って感じですかね。あとは、ループについては最もオチとして多い「無限地獄」ということでしょうか。いや、よく分かんねー。とりあえず、ロベルトと刑事が自殺して無間地獄に突入したのは間違いないでしょう。ただ、何で花嫁とか階段の兄弟とか出てくんだろうと。もしかすると、「ダメな自分との対比」としてですかね。にしてもソイツが次のループに入るのもよく分からないし。チクショウ!結局分からなかった!スゲー時間使ったのに。




スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : SF タイム・ループ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang 最近全然映画を観なくなったしがないブルーカラー。

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
デカイ数字が自分の評価、客観指数は複数サイトの平均値になってます。 映画の考察・メモやどうでもいいことを置いとく場所です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。