FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015

rizinimg-poster.jpg

RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 の感想を。
僕は地上波のみですが、2日分のカードを。

高阪剛VSジェームス・トンプソン

体重超過の相手に2RTKO勝ちのTK。スタミナ的には相当きつそうでしたが、さすがでした。

HIROYAVS西浦“ウィッキー”聡生

なかなかいい勝負でしたが、最終的にいいのをもらったウィッキーがダウン。結果3RKOでHIROYA勝利。K-1ルールなのでHIROYAの土俵ではありますが、ウィッキー残念ですね。ここ一番で勝てないウィッキー、どうやら何かが欠けているようです。戦略でしょうか。

所英男VS才賀紀左衛門

打撃で押されながらも所貫録の腕十字。紀左衛門は大舞台でこそ力を発揮しそうな選手なので今後に期待ですね。

高谷裕之VSDJ.taiki

1R放送カット、2R以降はDJが変則的打撃を当て、高谷はひるまず前へ、といった感じでした。お互い当ててましたがグラついたのはDJ。結果判定で高谷勝利。DJは田村ゆかりはどうやら会場観戦ならず、ずっと練習してた肘が禁止ということでモチベーションがた落ちだった可能性もありますね。まだまだ試合して欲しいですけどね。

ヘヴィー級トーナメント

準決勝以降カットされすぎて何とも言えません。最終的にキング・モー優勝ということで、番狂わせもありませんでしたし。ただ、UFCヘヴィー級よりはライトヘヴィー寄りの体重なんですかね。みんなスピードがあって面白そうでした。是非RIZINで育てていって欲しいところ。

桜庭和志VS青木真也

僕がPRIDEを見始めたのは桜庭がヴァンダレイとやってノックアウトされた辺りですので、桜庭全盛を知りません。グレイシー一族を度々撃破ということで、そりゃあ凄い実績なのですが、近年の桜庭を見る限りこのカードは楽しみなものではありませんでした。ある種の引退試合的なものだったんですかね。TKOで青木勝利。

RENAVSイリアーナ・ヴァレンティーノ

スタンドで劣勢のRENAが跳びつきアームバーで勝利。相手は寝技を全く練習してないとのことで、ちょっと未知数な勝利ではありますが、こういう舞台で一本勝ちしてしまうのはさすが。猫系のルックスも好きなので期待してます(笑)。

武尊VSヤン・ミン

酒飲んで食った後だったので寝てしまいましたが、武尊圧巻のTKO勝利。今のK-1はMAX路線ですかね。テレ東でレギュラー放送とのことですが、一般層への浸透はまだまだ時間がかかりそうです。

ギャビ・ガルシアVSレイディー・タパ

ちょっと噛ませっぽかったタパがパンチでギャビをグラつかせるという波乱の幕開け。しかし最終的にはボブ・サップ的手打ちパンチでギャビがタパをノックダウン。TKOでギャビ勝利。ん~、今後どういう売り方をするんでしょうか。

曙太郎VSボブ・サップ

カードを見た時、これだけは止めてくれと思いました。旬でないを通り越してます。3とか誰が見たいんですか。

ピーター・アーツVSバルト

体重差80kgくらいありませんでした?入場シーンから足元おぼつかないアーツ、しかし全く容赦しないバルトといった感じでした。正直アーツが無事で良かったです。バルトに関しては強いことは強いんでしょうが、さすがにあの体重では世界標準に照らし合わせられないと言いますか、結局モンスター路線扱いになってしまうのは否めません。

アンディー・サワーVS長島☆自演乙☆雄一郎

結果アンディ・サワーKO勝ち。UFCを目指すとのことで、K-1出身として頑張ってほしいです。

クロン・グレイシーVS山本アーセン

アーセンはリオ五輪、怪我やなんやらで逃したみたいですね。山本家はオリンピックには縁がないとのことで、kidが「アーセンに託した!」みたいなことをブログで言っていたのが遥か昔。試合は負けてしまいましたが、練習期間がわずか2ヶ月足らずということで、次戦に期待ですね。雰囲気のある選手でした。

エメリヤーエンコ・ヒョードルVSシング・心・ジャディブ

ジャディブはK-1で一度見たことがありましたが、何ともパッとしない印象でした。しかしシュートボクセのトレーナーをつけたとのことで、今現在どうなってるのか楽しみでもありました。対するヒョードルですが、試合開始直前に大臣がチャンピオンベルト贈呈という意味不明な行為に若干戸惑ってるように見えました(笑)。政治家みたいなもんは応援したいなら出しゃばらずに資金援助お願いしますって感じですね。結構冷めました。
しかし試合になるとグッと締まる空気。やはりというべきかジャディブでは役不足な感もありましたが、ヒョードルが往年と変わらぬ動きでTKO勝利。次はキング・モーとやって、内容次第でUFCですかね。とりあえずUFCでアントニオ・シウバをボコればいんじゃないかと思います。

魔裟斗VS山本“KID”徳郁(おまけ)

kidはタトゥー隠しのため服着用、リングは異常に狭い、と予想以上にテレビ的な対決となったこの一戦。魔裟斗は凄い身体してましたね。kidがガチだったかどうかは分かりかねますが、魔裟斗の圧力が凄かったというのは本当なのでしょう。kidですが、タイで蹴りを練習してきたっていうのが今後に活きそうで良かったです。kidの武器といえば飛び込んでの右なのですが、中間距離での蹴りというのも全盛期では多用してました。あの狭いリングではkidのフットワークというものも見れませんでしたが、早くまともな試合が見たいですね。いきなりランカーとやっちゃっていんじゃないですか。




スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

tag : RIZIN

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。