FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八仙飯店之人肉饅頭(1993年/香港/96分)

zinniku_jacket.jpg
監督 ハーマン・ヤオ
脚本 ラオ・カムファイ
音楽 ウォン・ボン
出演 アンソニー・ウォン ダニー・リー 他


ベースメント指数 ★★★☆☆/3.67
客観指数 ★★★☆☆/3.39
(amazon-3.5/5、IMDb-7.0/10、ROTTEN TOMATOES-3.6/5(評論家のスコアが無いためオーディエンスのスコア)、TSUTAYA DISCAS-3.42/5、YAHOO映画-2.96/5)
属性 鬼畜 ゴア 実際の事件
<クオリティではなく、内容に対する拒否反応アリか>


DISCUSでは鬼の在庫数だったカルト映画

長らくツタヤDISCUSのリストに入れておきながら半ば諦めていた本作。何故なら1位登録者が恐らく3桁(覚えてないが)いたのに対し、在庫数は鬼の一枚!DISCUSの仕組みとしては、定額制で、送られてきたDVDを返すとリストに従って次のDVDが送られてくるというもの。なので実質返却期限なし。このシステムで在庫1枚となると、最速でも一人につき3日はかかります。なので100人登録者がいたとすると約1年。平均1週間だとすると2年。どうしても観たいなら買う、という選択もある訳ですが、現在amazonで新品17800円~、中古9000円~になってます。
しかし、配給元もニーズを察してかよ~やく再発。DISCUSに大量入荷されめでたく初鑑賞とあいなったのでした。

hhhhh.jpg

ゴアにおける香港映画のポテンシャル

そんな本作の内容はタイトルの通り、マカオの飯店で店主が殺した死体を饅頭に入れて出していた、というもの。詳細は後述するとして、本作におけるカルト要素は、殺しの鬼畜ぶりとゴア描写の肉肉しさ、そしてカニバリズムというテーマにあると思います。
冒頭では本物の豚を解体し臓物を取り出すさまが映されてまして、後の殺人・解体シーンもこの豚を思い出すことで脳内補完されるという仕組みになってます。何か特殊な手法を使ってるとかでは無いと思いますが、腐敗した手足がプリップリしてて持つと指がちぎれるだとか、ミンチにした肉の瑞々しさだとか、何か妙にリアルなんですよね。

同じ香港ゴア映画として思い出されるのは『ドリーム・ホーム』(2010年)なのですが、こちらのゴア描写もアジア映画と言わず世界屈指とも言える仕上がり。「香港スゲーな」などと思ったものですが、中国返還されてからの香港映画は中国資本のため規制も強くなりつまらないものになってるそうです。『ドリーム・ホーム』はそんな事態を憂いて主演女優が私財を投げ打って完成させたゴア映画だとか。

ということで、凄惨な内容であることはあるのですが、香港といえばジャッキー・チェン。捜査する警察のノリは正にその辺です(笑)。常に別のホステスを連れて歩く部長と、ポンコツ部下たち。映画は後半鬼畜を極めますが、この警察たちのバカノリはある意味本作に均衡をもたらしているのかもしれません。

hhhh.jpg

大体のあらすじと実際の事件の概要

ある日、マカオの海岸で腐敗した手足が発見される。同じころ警察には「チェンと連絡が取れない、探してくれ」との手紙が届く。後に手足はチェンの姑のものと判明。チェンの経営する八仙飯店では、元従業員だったウォンが「譲り受けた」と店を切り盛りしていたが…。

実際にあった事件については、八仙飯店一家殺人事件(NAVERまとめ)・八仙飯店一家殺害事件(wiki)に詳細が載ってます。
どうやら饅頭に死体を入れたかどうかはよく分からないようですね。にしてもスープって…。饅頭も嫌だけどスープも甲乙つけ難い。本作はとにかく、少女や幼女を惨殺するシーンも省略することなく描いてることが最もヤバイ部分。ここが映倫に引っ掛かり日本での上映不可に繋がったと思われます。それとは別に主演のアンソニー・ウォンの怪演も凄まじく、本作をカルトたらしめています。

hhhhhh.jpg



      
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : ホラー ゴア バイオレンス 香港映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前はコメありがとう御座います!
鬼畜・ゴア系、好きだから前々から人肉饅頭を観てみたいと思ってたんですよ。評価もいいし内容も面白そうですねー。中古でも結構お値段高かったから買うか悩む、けど観てみたい、、、(笑)

Re: No title

コメントありがとうございます。
今はツタヤ・ディスカスに大量にありますので、多分初月無料で8枚まで借りれると思いますよ。買うと高すぎですね(笑)。
ゴア好きなら『ドリーム・ホーム』オススメです。最強なのは個人的に『マーターズ』です。
プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。