FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIZINについて個人的感想。

さて、ヒョードルの対戦相手も発表されカードも出揃った感のある大晦日RIZIN。
ヒョードルの相手には賛否両論あるかとは思いますが、そこでイベントそのものへの批判へと繋がるのはオカシイと思いますね。確かに発表を遅らせたのはチケットの売れ行きにも影響するからとの見方も出来ますが、そんなもん小さな問題じゃないですか。

地上波で格闘技が見れて、WOWOW加入者などのコアなファン以外と格闘技の話が出来る。

その活躍も最後まで見届けぬまま引退してしまったヒョードルがまた見れる。

UFCへの一極化が進む中、いわば2軍扱いの「UFC以外」にスポットライトを当て、結集。

競技化が進み「何かを失くし始めてる」UFCとは別のアングルからのMMA。

金が稼げない日本人ファイターへの希望。

勿論日本のイベントというものには一長一短あると思います。例えば今回のヒョードルの相手はシング・心・ジャディブに決定しましたが、正直噛ませ犬的印象はぬぐえません。この一戦を目玉に掲げたイベントですので、ここでヒョードルが負けると幾分盛り下がるのは間違いありません。ならば…と用意された相手なのか、強豪達との交渉が上手くいかず周りに回ってジャディブに落ち着いたのかは分かりませんが、元世界最強の男を割れ物扱いするのはどうなんだろう、と。
その点、UFCであればもっと見合った相手を用意出来ますし、勝敗によりヒョードルが世界の中でどのポジションにいるのかが明確に分かります。日本にいる限りそれはよく分からないでしょう。

にしても、RIZINの存在は日本としても世界的にも総合格闘技にとってプラスになると思います。あとは、UFCでも度々問題になる薬物問題ですが…こればっかりは素人には分かりませんので静観したいと思います。

次に感じるUFCと日本格闘技(とはいえPRIDEやかつてのK-1を指す)の差なんですが、『選手の発掘』についてです。
UFCはどちらかと言うと「ココで試合したきゃ活躍して上がって来いや」って感じに見えますが、日本の場合積極的に発掘しに行ってた気がします。特にK-1は世界中で大会・トーナメントを開き、そこからマーク・ハントのような才能を発掘してきました。この辺は日本ならではかもしれません。プラス、UFCに出る選手の国籍の偏りがかなり気になるんですよね。何故日本であれだけ「強い」印象を残したロシア人がこんなにも少ないのか。他にもオランダやフランスといったK-1を支えた国もあまり見かけません。「世界」と言いつつUFCは結局アメリカ中心なんじゃねーの、という気はします。その辺の公平性は日本の方が上なのでは。

かつて活躍したファイター達の今

マーク・ハント(名前はwikipediaへのリンク)
総合格闘技では戦績も振るわないままUFC参戦した訳ですが、近年はグラウンド・テクニックも向上、2013年のアントニオ・シウバ戦ではテイクダウンから寝技を仕掛ける場面も。UFCの戦績は6勝4敗、現在のUFCヘヴィー級ランクは7位。
2014年にはファブリシオ・ヴェウドゥムと暫定王座をかけたタイトルマッチを行いますが、ショートノティスの中善戦するも無念のKO負け。パンチ力に衰えは感じないが、打たれ弱くなっている印象。さすがに41歳、引退は近いか。

山本“KID”徳郁
同じく戦績が下降する中UFC参戦。2010年から契約してるにも関わらずUFCでの戦績は0勝3敗1ノーコンテスト。この試合数の少なさはKIDの怪我(首ヘルニア)が影響してるらしく、戦績の下降も度重なる怪我や手術が影響してると思われます。今年のUFC日本大会も直前の怪我により欠場。正直まともな試合が少ないため今現在どの位強いのかは不明。現在38歳。本人は引退など考えられないと口にしてますが…。年末TBSで魔裟斗との再戦が決定。

五味隆典
五味も戦績下降気味でUFCへ。序盤こそタイソン・グリフィンにKO勝ちするも、スタンドでは打たれ弱さが目立ち、かつグラウンドに持ち込まれると対応しきれず負けがかさみます。現在も弱点克服には至っておらず、いつリリースされてもおかしくない状況。UFC戦績4勝6敗、2連続1RKO負け中。現在37歳。

バダ・ハリ
K-1消滅後はボクシング転向を宣言するも、結局新生K-1へ参戦。しかしイマイチ振るわず。私生活での放火や暴力事件で有罪判決。先日引退したような記事を見かけましたが、発見出来ず。

アリスター・オーフレイム
PRIDE消滅後、ストライクフォースを経てUFCへ。薬物問題などでかつての強さはなりを潜めるも、最近はファイトスタイルをオールラウンドな昔のスタイルに戻し2連勝中。UFC戦績は4勝3敗。UFCヘヴィー級ランク9位。現在35歳。

ヴァンダレイ・シウバ
PRIDE消滅後はUFCへ。鼻腔を広げる手術をして顔が変わる。UFC戦績は4勝5敗。タイトルに絡むことは無く、しかも2014年、チェール・ソネンとの対戦でシウバが薬物検査を拒否し欠場。ソネンもその後薬物検査に引っ掛かる。その後UFCとの関係は悪化、引退を表明するも契約で縛られ他団体での試合などは厳しいらしい。

マウリシオ・ショーグン
PRIDEで無類の強さを誇ったショーグンもUFCへ。2010年にはリョート・マチダにKO勝ちしライトヘヴィー級王座を奪取。しかし初防衛戦の相手はライトヘヴィー級で後に絶対王者となる怪物ジョン・ジョーンズ。TKO負けで王座陥落した後は戦績振るわず。攻撃力に衰えは感じないが、戦術面・打たれ弱さで行き詰まりを見せている。UFC戦績7勝8敗。UFCライトヘヴィー級ランク8位。34歳。

クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン
UFC参戦後、2007年にチャック・リデルからTKO勝ちでライトヘヴィー級王座を奪取。翌年陥落。その翌年には俳優デビュー。2011年、ショーグンのタイトルを奪ったジョン・ジョーンズに挑戦するも一本負け。その後UFCと揉め、離脱。ベラトールへ移籍するも最近UFCへ復帰。復帰戦では勝利を飾っている。UFC戦績11勝5敗。UFCライトヘヴィー級10位。37歳。

グーカン・サキ
めきめきと頭角を現す中K-1消滅。その後はK-1に代わり世界最大のキックボクシング・イベントとなったGROLYへ。2014年にはライトヘヴィーに落としてタイトルを奪取。正直全く試合を見てないので分かりませんが、MMA転向したら面白そうな選手です。32歳。

タイロン・スポーン
ホーストの弟子として注目を集めていた若手、タイロン・スポーンもGROLYへ。英語版wikiを見ると移籍後6連勝の後、グーカン・サキに敗れています。その後の情報はなく、ボクシング、MMA共に2勝ずつしています。K-1出身MMAファイターとしては最後の砦となり得る選手なので本腰入れてMMAやって欲しいです。まだ30歳。

渡辺一久
K-1での戦績はイマイチでしたが、とにかく見ていて面白いのが軽量級の元ボクシング日本王者・渡辺一久。個人的に最もRIZIN参戦が望まれる選手です。K-1消滅後はエキシビジョン・マッチや谷川氏による土俵を舞台とした格闘技イベント・巌流島に参戦。キックボクシングよりは総合の方が相性が良さそうです。32歳。

ジェロム・レ・バンナ
K-1消滅後はGROLYなどに参戦。wiki見ててもゴチャゴチャしてますね。今年、フランスで引退試合を行うも「日本でもう1試合したい」と発言。それが結実し、今回大晦日RIZINにて把瑠都との対戦が決定しました。42歳。

エメリヤーエンコ・ヒョードル
PRIDE消滅後は、紆余曲折を経てストライクフォースへ。2010年、ファブリシオ・ヴェウドゥムにタップアウト負け。怪我によるドクターストップを除いての初敗戦。尚、ファブリシオ・ヴェウドゥムは現・UFCヘヴィー級チャンピオンです。その後アントニオ・シウバ、ダン・ヘンダーソンに連敗し、第一線を退く。他にM-1などで闘い、2012年、引退を表明。
この辺の闘い、僕は全然見れてません。そういったファンは多いのでは。最強ヒョードルという像は宙ぶらりんのまま消えてしまった形になります。ちなみにアントニオ・シウバ、ダン・ヘンダーソン共に今では禁止薬物となったテストステロン補充療法というものを受けており、ナチュラルな状態ではなかったとの見方も出来ます。
そして今年RIZIN及び日本格闘技復興のため、現役復帰を発表。シング・心・ジャディブとワンマッチを行います。39歳。


WOWOW契約してまで格闘技観戦を続けてる、というのはほんの一握りだと思います。他にもUFC Fightpassなどの手段もありますが(月1000円くらい)、オール英語ですので敷居は高いでしょう。正直格闘技の『強さ』というものの物差しは、今まで見ていた選手との直接比較、いわば対決による勝敗でしか作れません。なので実現しない対決については「たられば」が蔓延する訳ですが、今回昔の選手、オッサンばっかりじゃねえか!ノスタルジーじゃねえか!と感じる人もいるかもしれませんが、やはり離れていた人達を再び繋ぐには「知っている格闘家」が必要なのです。今回の大晦日は、そこに注力せねばならないあまり「旬でないカード」も多いのかもしれません。ですがRIZINは一度限りのイベントではない。離れてた格闘技ファンよ、戻ってきてくれ!というのが今回のイベントの全てでしょう。
スポンサーサイト

tag : RIZIN UFC K-1 PRIDE

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang 最近全然映画を観なくなったしがないブルーカラー。

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
デカイ数字が自分の評価、客観指数は複数サイトの平均値になってます。 映画の考察・メモやどうでもいいことを置いとく場所です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。