FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC193(ラウジーVSホルム)

ufc-193-promo-banner.jpg

UFC193の感想を。

今回かなり間隔があいたので「待ってました!」って感じの大会でした。メインにロンダ・ラウジー(C)対ホーリー・ホルム(7位)の女子バンタム級タイトルマッチ、セミにヨアナ・イエンジェイチェック(C)対ヴァレリー・レタノー(8位)の女子ストロー級タイトルマッチ。他にはマーク・ハント(8位)対アントニオ・シウバ(11位)のヘヴィー級リマッチ、ユライア・ホール(10位)対ロバート・ウィテカー(14位)のミドル級マッチなどがありました。

ホールVSウィテカー

ミドル級期待の2人の対戦となった訳ですが、結果3R判定3-0でロバート・ウィテカーの勝利。日本大会でトップ・ランカーのムサシを鮮やかにKOしたホールですが、所々常人ならざるキレのある動きを見せながらもソレが勝利に結びつかないんですね。ロバート・ウィテカーのスピードも凄かったけど、「化けそうで化けない」ホール、もどかしいですね(笑)。

ハントVSシウバ

シウバは言わずもがなですが、僕はハントにも薬物疑惑を抱いてました。その2人の再戦、前回とは全く別物になるだろうとは思ってましたがシウバの打たれ弱さは前回とは別人のよう。ハントに関してはミオシッチ戦のようなプヨプヨの身体ではなくイイ感じだったと思います。特に蹴りを多用した辺り、また進化が始まったのか?と期待してしまいます。
薬物疑惑についてですが、前回薬物取締強化がアナウンスされた途端に減量苦に陥ったハントに違和感を感じ、かつ動きが酷かったことから僕がそう疑ってる訳です。加えてGSPの「減量に使われる薬もある。いろんな薬があるんだよ。」という旨の発言を聞いて、ヘナン・バラオンと併せて疑念を強めている次第です。ただ、ハントの場合モチベーションで仕上がりにバラつきがあるのは昔からでして、タイトルマッチの直後、モチベーションが低下していたと考えれば割と受け入れられます。ただ、食事制限などをして体重を常時キープするという方針に変えた辺りも少し怪しい(笑)。てか、ソレが通常な気もしますが。今までどんだけ不摂生だったんでしょう。
とにもかくにも、シウバが相手ではハントの実力は計りかねますね。次戦に期待。

結果1RTKOでハント勝利。

ヨアナVSレターノー

スイマセン、寝ました。結果5R判定3-0でヨアナ・イエンジェイチェック勝利。
しかし、ブルース・バッファは「ヨアナ・ユーキチェック」と言ってるように聞こえましたが、そっちの方が覚えやすくて良くないですか?

ラウジーVSホルム

オッズの開きからも、大半の人がホルムはタイトルマッチに不相応だとさえ感じてたのではないでしょうか。WOWOW中継された一戦もパッとしない試合でしたし、いくらボクシングで実績があってもキックが混ざるだけで対応出来ない選手も多いですし、ましてMMAでは大して参考にならないと考える人も多いと思います。
対するロンダはボクシング技術にも定評があり、総合力で圧倒するのでは、というのが大方の戦前の予想じゃないでしょうか。

ロンダの戦術はいつも通りでした。ボクシングでプレッシャーをかけ、距離が詰まれば柔道技でテイクダウン、腕十字を狙う。しかしどれもがホルムにかわされてしまいました。スタンドでは距離を支配され、遠目から左ストレートのカウンターを度々当てられ、テイクダウンを狙い柔道技を仕掛ければ力で返され、逆にテイクダウンされる場面もありました。打つ手の無くなったロンダの戦略はただひとつ、前進あるのみ!でした。結果パンチでぐらつかされた後ハイキックで衝撃のKO負けを喫してしまいました。結果2RKOでホーリー・ホルムが新チャンピオンに。

しかしスーパースターはやられっぷりも豪快ですね。ボクシングでやり合ったロンダを無謀だとする論調もあるかとは思いますが、僕は好きです。相手の土俵で真っ向勝負。
かつてK-1でボクサーVSK-1ファイターという企画がありました。両者ともにビッグネームを揃えた団体戦だった訳ですが、ローキックを多用して勝利するK-1勢に「打ち合えよ!!」と思ったものです。ロンダに関しては、今までが戦術など抜きに地力でグチャグチャにすれば勝てる、という対戦が続いていたのでそういう意味での引き出しは決して多い選手ではないのだなと感じました。しかしながら、そんなロンダを力でもねじ伏せたホルム。一体どうなってんでしょうね。ただ心配があるとすれば、今回自分の土俵でやれたからこそのKOであり、ちょっと思いつきませんがレスリング系の選手にはアッサリやられちゃう可能性もあるんじゃないでしょうか。柔道技×腕十字のみで勝ち抜いてきたロンダはMMAファイターとしてはかなり異質なのかもしれませんね。


てな感じで、次回の韓国大会はミルコの欠場から引退への流れ含めてゴタゴタしてる感じですが、年末年始のカードはかなりヤバイので今後も期待。しかしRIZINのヒョードルの相手はいつ決まるのだろう。難航してますね。個人的にはエロール・ジマーマンとかグーカン・サキとかの元K-1ヘヴィー級勢が出てきたら面白くなりますね。まあ、こんなショート・ノティスでソレは無いでしょうが。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

tag : UFC

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
僕のオススメ度と、アマゾン、ロッテン・トマト、IMDB、ヤフー映画、ツタヤディスカスなどの主要映画レビューサイトの点数を独自に平均したものを<客観指数>として表示しています。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。