FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC JAPAN 2015(UFN 75 ネルソンVSバーネット)

ufcjapanf.jpg

UFC JAPAN 2015の感想を。

去年に引き続き会場観戦してきました。会場の入りとしては、メインカードが始まった時点でA席ガラガラでした.。どうやら来客数は年々減ってるのだそうです。しかしまあ、今年はカードからして仕方ない気がします。特に個人的にメインカーだったKID欠場が痛かった。しかし他の怪我によるカード変更についてはむしろ良い方に転んだんじゃないかと。最も会場が湧いたであろう2試合は怪我による代役の逆転フィニッシュでした。

前座

僕が会場入りしたのはメインカードからなのでWOWOWでの観戦になります。コレは文句なしに国本選手の代打、中村K太郎対リー・ジンリャンが面白かったですね。打撃で劣勢の中、必殺技だという値千金のリアネイキッドチョークで3Rに逆転勝ち。しかもスタンド状態で相手が落ちて倒れこむというインパクト十分な一本勝ちでした。
あと気になるのは粕谷選手ですね。ノーモーションから放たれる蹴りやパンチ、軸のブレなさが印象的な選手で判定負けはしたものの凄い光るものが感じられる選手でした。
2人ともウェルター、ライトとトップ戦線に食い込むのが難しい階級ですが今後も試合が見てみたいですね。

石原夜叉坊VS廣田瑞人

準決勝ではお互い堅い戦術で勝利。実績からも廣田が夜叉坊を抑え込みつまらない試合になると思ってました。が、コレがなかなかキレのある蹴りと左ストレートで攻め込む夜叉坊、ソレを受け数回フラッシュダウンするも、意地とスタミナで後半やり返す廣田という展開。会場で見てても「判定超微妙」だと思ってました。しかしまさかドローとは。ラウンドマストで3ラウンド、10-8がつくラウンドもない中ドローってのは正直「え?」でしたね。確か10-10をつけたレフェリーがいた気がしますが判定のやり方変わったんですかね?そんなこんなで結果3R判定ドロー、両者UFC契約となりました。

菊野克則VSディエゴ・ブランダオン

対戦前の映像でディエゴ・ブランダオンを見て、「コイツか、こりゃアカン」と感じたのですが、想像通りの光景が展開されました。結果1RTKOでディエゴ・ブランダオン勝利。今回も豪快にやられましたね。一度菊野のUFCにおけるフック被弾率を出して欲しいのですが、相当なパーセンテージだと思います。あの構え、ストレートはよけれたとしても踏み込んでのフック対応出来なくないですか?だから皆ガードを上げるのだと思うのですが、何故ソレが出来ないのか。勝ちたい勝ちたいと言いながら、さあ殴ってくれと言わんばかりのあの構えはちょっとよく分かんないです。

堀口恭司VSチコ・ケイミュス

水垣の試合は場内本当に静かでしたが、堀口の試合も静かでしたね。コレは完全KO待ちの静けさに感じました。WOWOWで見ると色々新しいことも取り入れてたんですね。蹴りが少なかったのはデメトリアス戦で蹴りをつかまれテイクダウンされた経験故にですかね。タックルも織り交ぜた堀口ですが、MMAファイターというよりは、MMAにおけるディフェンスだけマスターして空手でバチバチやって欲しいのですが、デメトリアスを想定するとそんな悠長なことも言ってられないのでしょう。結婚も発表されましたが、アメリカに移住してどうなるのか今後が楽しみであります。結果3R判定3-0で堀口勝利。

ユライア・ホールVSゲガール・ムサシ

ホアン・カルネイロ負傷欠場からの代役にユライア・ホールがアナウンスされた時は「おっ」と思いましたが、期待以上のことをやってくれました。仕上がってんなあ、という身体のムサシが序盤から前へ。打撃からのテイクダウンでパウンドの展開。しかしホールも関節や腕を取らんとやり返しブザー。2R開始早々タックルを狙い頭を下げたムサシの顔面にバックスピニングキックが炸裂。グラついたムサシの顔面に鬼のジャンピングニーがまたまたクリーンヒット。そのままパウンドになだれ込み2RTKOでユライア・ホール勝利。
「波がある」と言われるホールですが、絶対トップランカーの実力は持ってると思うのでガンガン昇っていって欲しいですね。対するムサシは日本愛を公言して好感が持てますが、ファイターとしてはあまり印象がないんですよね。この屈辱をバネに化けて欲しいものです。

ジョシュ・バーネットVSロイ・ネルソン

ヘヴィー級ランカー対決な訳ですが、あまり旬な2人とは言えないですね。ネルソンに関しては言わずもがなですが、ジョシュに関してはミア戦とブラウン戦しか見てないのでどんな展開になるか予想つかず。結果5R判定3-0でジョシュ勝利。
こう見ると、改めてあのネルソンをKOしたハントはスゲーなという感じ。しかし何故UFCは日本にロイ・ネルソンを推してくるのかと思ったらミルコとノゲイラをKOしたからなんですかね。そんなん正直どうでもいいですけどね(笑)。メイン・カードとしてはちょっと弱いかなって感じでした。

総評としては、やはりkid欠場が痛い!ただ「見れない」というだけでなく、「もう限界なのかな?」という不安さえ感じる欠場でした。今回終わった後「コレ来年もあるのかな?」なんて思ってしまいましたが、どうやらあるらしいです。来年はまた状況が変わってくると思います。何せPRIDEスタッフによる新団体のイベントが大晦日、ヒョードル復帰戦を掲げてアナウンスされたからです。あとは石井館長にK-1を復興して欲しい限りですが、相次ぐ不祥事に今は多分関わってないですよね。とにかく僕としては立ち技のメジャー団体と総合の対立構造が大好きだったので、K-1の復活も切に願っています(テレ東でレギュラー放送するらしいが)。
とまあ贅沢な願望はさておき、日本ってゲームとか映画とかもそうですけど、どんどん体系化の上手いアメリカに突き放されていくのが悲しい(市場の違いもあれど)。格闘技もなんとか食いついていって欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

tag : UFC

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
No Reason To Live But We Like It That Way. (生きてる意味なんかわからないけど、それでいいっしょ) by Bloodhound Gang 最近全然映画を観なくなったしがないブルーカラー。

グラフィン

Author:グラフィン
FC2ブログへようこそ!

数値について
デカイ数字が自分の評価、客観指数は複数サイトの平均値になってます。 映画の考察・メモやどうでもいいことを置いとく場所です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
XXX
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ

UFC ホラー 邦画 SF B級 アクション スリラー バイオレンス POV ドキュメンタリー コメディ RIZIN どんでん返し スプラッタ 園子温監督 ミステリー ゴア 井口昇監督 タイム・ループ ウーヴェ・ボル監督 サスペンス 韓国 三池崇史監督 ダーレン・アロノフスキー監督 漫画 ゾンビ ジェームズ・ワン監督 模写 人工知能 イラスト ヤン・シュバンクマイエル監督  ファンタジー 中田秀夫監督 林田球 サントラ ヴィンチェンゾ・ナタリ監督 中島哲也監督 黒沢清監督 エドガー・ライト監督 筋肉 カルト映画 シリーズ スパイク・ジョーンズ監督 ギャスパー・ノエ監督 エピタフ メロコア パンク 部族 ニコラス・ウィンディング・レフン監督 ウェス・アンダーソン監督 サイケデリック アニメ ドロヘドロ ガス・ヴァン・サント監督 ジェニファー・リンチ監督 AKB AI リメイク 低予算 カルト宗教 パク・チャヌク監督 伊藤潤二 エロ 富江 韓国映画 パスカル・ロジェ監督 マーク・ハント パニック デヴィッド・トゥーヒー監督 M・ナイト・シャマラン ホラーゾンビ スティーブン・キング原作 岩井俊二監督 ギレルモ・デル・トロ監督 望月ミネタロウ 楳図かずお ラップ スラッシャー ダリオ・アルジェント イタリア 恋愛 ベッキー ディズニー ラブコメ イニャリトゥ監督 ドラマ 進撃の巨人 デヴィッド・フィンチャー監督 ノスタルジー K-1 クリント・イーストウッド ポン・ジュノ監督 キアヌ・リーブス ガンフー 戦争 ニーム・ブロムカンプ監督 PRIDE 香港映画 白石晃士監督 ビル・マーレイ ドラッグ クライム ドイツ映画 シュール 難解 ヒョードル クリストファー・ノーラン監督 北村龍平監督 百合 近親相姦 M・ナイト・シャマラン監督 悪魔 エロス 実話ベース シチュエーション・スリラー  ケッチャム アンドロイド ファウンド・フッテージ 文芸 サバイバル スペイン映画 ライアン・ゴズリング監督 

よく見るサイト(リンク)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。